Onsen Fan全国の温泉露天風呂で美肌美人になろう!

TOP > スクラバー > 使い分けもされているスクラバー

使い分けもされているスクラバー

化学実験や研究分析、製造工場での業務によっては、非常に高濃度のアルカリや酸を含んだ有害ガスが発生してしまうケースがあります。環境破壊や人体への影響を最小にするために、スクラバーを設置する施設も増えてきています。

有害ガスを装置内に集め、薬剤や水で洗浄された後、有害物質が取り除かれた空気が再び放出される仕組みとなっており、設置環境や使用目的によって、製品の使い分けがなされています。持ち運び可能なタイプの物や、少ない排気量向けの小型タイプのものなど、あらゆる製品の導入によって現代の化学が支えられています。

スクラバーを導入するにあたって

大きな工場にとってスクラバーの導入が、環境を維持していくうえで大切になってきます。企業については、環境の問題に関しての取り組みが得られることでもありますので、導入する事は必要であると言えるでしょう。

大きな工場がスクラバーの導入をしなければ、有害である物質やガスなどが排出されてしまうことにもなります。そのようなことによって環境の問題が発生してしまう可能性も高くなってしまいます。

国や自治体などにおいては、環境の基準をしっかりと定めていくのと、定められた基準がしっかりと守られているか、監視をおこなうことが大切になるでしょう。

該非判定書はスクラバーを出す時に必要?

該非判定書という書類を聞いたことがありますか?この言葉は輸出関係の仕事をしていなければ聞くことがほとんどないと思うのですが、逆に輸出入のお仕事をされている人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

機械はものによっては武器に使われてしまうようなことがあります。しかし日本の通関では武器になるような製品の輸出を禁止しています。そのため、これは武器に使用するような機械ではありませんよと証明することが必要になってくるのです。そのための書類です。スクラバーは完全に機械になりますので、絶対に通関で提出を求められます。

スクラバーはシステムが豊富です

燃焼などをおこなう化学工場では、排気ガスとして二酸化炭素や有毒ガスなどを排出することがあります。それらが大気汚染の原因となり、公害問題に発展することもあります。スクラバーはそういった大気汚染の原因となりうる物質を、工場外へと排出しないようにする装置で、工場などでは欠かせない装置です。

有毒ガスを除去する方法はたくさんあり、吸収剤を使用する吸収塔や、温式洗浄塔と呼ばれるガスや空気から汚染物質を取り除く方法や、乾式と呼ばれる方法など様々です。

工場がどのような物質を排出しているのかを調査し、どのシステムが良いのかを見極めて設置していきます。

スクラバーについての関連記事

メニュー

温泉ファンTOP 温泉 温泉旅館 スクラバー スクラバーの種類 引き出物 結婚式場や引き出物 オリジナルTシャツ Tシャツ作成

マイクロスコープ、スクラバー、結婚式の引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館について興味のある方はこちらを見てください。

マイクロスコープ、スクラバー、結婚式の引き出物、オリジナルTシャツ作成、温泉旅館の記事以外のお問い合わせはこちら